雇用と就業体験に理解と協力を

 本校高等部では,学校で身につけた働く力を試す場,また働くことの意味や厳しさを知る場,自分の課題を知る場として,一般の事業所での「働く」体験(就業体験)に取り組んでいます。このような就業体験は,生徒の自立を促す契機となるとともに,障がい者雇用の理解や啓発の場になると考えています。生徒が,体験できる場を提供していただけるようご協力をお願いします。


●就業体験の時期と期間
 前期就業体験:6月中旬~7月中旬(2~3週間程度)
 後期就業体験:11月中旬~12月中旬(2~3週間程度)
 ※ただし,高等部3年生の実習に関してはこの限りではありません。

また,状況によっては実施の延期や中止の場合もあります。
 

【就業に関する問い合わせ先】
徳島県立池田支援学校 進路指導課
TEL:0883ー72ー5281  Eーmail:ikeda_ss_1@mt.tokushima-ec.ed.jp

進路指導課からのお知らせ

進路指導課

テレビ会議で前期就業体験壮行会!

6月16日(火)より前期就業体験が始まりました。
 今年度は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を考慮し,進路決定に必要な3年生のみ実施します。
 また,壮行会は「3密」を防ぐため学年毎に分かれて「テレビ会議システム」で行いました。校長先生からは激励のお言葉をいただきました。
 3年生は,就業体験に向けてそれぞれ目標や抱負を述べることができました。1・2年生は先輩の言葉に熱心に耳を傾け,今後の就業体験に向けて考える良い機会となりました。
 就業体験は,感染症防止対策をして望みたいと思います。

第2回進路研修会

 11月1日に,リブドゥコーポレーション株式会社から,講師お二人をお招きし「進路研修会」を実施しました。

社会人になったら何事も自分からすることが大切であると学びました。11日からは,後期就業体験が始まります。この研修会で学んだ「自ら立ち上がろう」を実践してくれることと思います。

高等部前期就業体験を終えて

6月17日(月)~7月5日(金)は高等部就業体験でした。
3週間にわたる就業体験が終わりました。
生徒達は,それぞれの実習をとおして貴重な体験をしました。
報告会では,就業体験で学んだことや今後の目標について発表することができました。
写真は,校内実習の一部です。

進路研修会

就業体験が来週に迫る中、セルプ箸蔵より峰本さんを講師に迎え「進路研修会」を実施しました。 

「あいさつができる」「作業に集中して取り組むこと」「衛生管理ができること」
「健康管理ができること」「仲間と協力してできること」「頼まれたことをしっかりやり遂げられること」などの仕事に必要なお話しを聞きました。熱心にメモをとりながら確認しました。