学校評価
学校運営協議会

学校運営協議会

学校 第3回学校運営協議会記録

 2月22日(火)13:30~15:30 第3回学校運営協議会を開催しました。

 第3回は、コロナ禍を考慮し、感染症対策を徹底し、一部委員の方にはオンライン参加をしていただいたり、授業参観はオンラインで実施したりするなどの対応を取りました。

 

 今年度の学校評価のまとめの報告を行い、本校・美馬分校の取組に対しての評価の在り方などについて助言・提言をいただきました。各学部が児童生徒の現在と将来を見据えてボトムアップ・トップダウンの視点で教育活動を行うことや校内で培った知識・技能を積極的に地域・家庭において発揮するためのフィールドを設けることなどについての協議も行いました。

 内容の詳細については次の通りです。

【老人福祉施設施設長より】

〇 学校の取組から

・ 3回にわたる学校運営協議会では,学校の取組は学ぶことや刺激が多い。

・老人福祉施設においても,コロナ禍により高齢者の屋外での活動や地域交流の場が少なくなった。学校での創意工夫された感染症対策のもとで様々な取組を行っているところがよい。

・老人福祉施設では家族との面会など直接的にできないが,タブレット端末を使っての 面会を進めるなど,ICTの活用を利用者に勧めている。学校の取組から新しいやり方 を見付けていきたい。

〇 スタンスは人材育成

・地域の人口減や働き手の減少に対して,人を育てて定着させることがとても重要と考 える。

・働きやすい職場で辞めずに育てて組織のチーム力を高めることこそ,人材育成の課題であると考える。

・その中で,本校では小学部-中学部-高等部と3ステップで学びの段階を積み重ねているが,最終的に地域に出ることを逆算して「どう育てるか」を考えているところがよい。

・小学部では「自分自身の自立」をテーマにキャリアアップを目指している。

・中学部では身近な複数の他者と協力することができることを目指している。

・高等部では地域や社会との触れ合いを進めている。

〇 報告から受けたメッセージ

・一人一人,自分に合ったやり方を選択することができることは育成方法も一つでないことを意味している。

・具体的な内容を取り上げて,学習の場でシミュレーションして本番に備えている。

・繰り返し地域に出向いて学習の成果を発揮することが習慣化しており,このことが当たり前になっていること,学びを実践する機会を設けていることで,学びによる知識を広めたり知ったことを深めたりすることにつなげている。土台となる知識の幅を広げることで頂点の成果がよりよいものとなる。

 

【道の駅駅長より】

〇 学習評価より

・全てを正確に評価することは難しいが教育活動を計画的に実施し評価することができている。

 

〇 地域資源としての池田支援学校

・ハードスキルを身に付けることは重要であるが,コミュニケーションなどのソフトスキルを身に付けていることが実際には評価されることが多い。一つ一つのスキルは大切であるが,他者と上手くコミュニケーションをとれること,相手の目を見て話ができること,相手がニコッと笑ってくれることなどが実際の場面では大変大切となる。

・コロナ禍でも学校の取組を拝見してほっこりした気持ちになった。生徒が自分自身の 評価を行うこと,仲間とコミュニケーションをとり人を喜ばせて自己の存在を感じること,相手がニコッとしてくれることで自分も伸びることを示していた。

・企業の者に教育活動の様子をオンライン中継でもよいので見せてほしい。そこで生徒 のもつスキルや活躍できる場を考えることをしてみたい。生徒の実態を固定的に見るのではなく,色々な価値観や専門性をもつ人と接することで新たな可能性を発掘することにつながる。

  ※高等部長より,GBプロジェクトの紹介を行った。

 

〇 認めてもらえる池田支援学校

・学校のある地域の文化や習慣,国の文化などの知識をしっかりと知る・学ぶ機会を確保してほしい。

・地域で生活する上で,地域のことをしっかりと学ぶ機会が必要となる。そのためには,支援者である大人がまず地域のことを知る必要があり,地域性のある取組を学ぶ機会を積極的に設けてほしい。

 

【婦人会会長より】

・小学部-中学部-高等部と一貫した教育を行い,子どもの表情や能力を引き継いで指導 を行ってくれていることがありがたい。

・箸蔵婦人会では,小学部からアプローチをしてもらい,地域の御近所のお宅に出向いてコミュニケーションをとりながらSDG'sも意識した取組を行ってきたが,現在中断している。地域住民も児童が訪問してくれることを楽しみにしてくれていた。学期に1 回くらい婦人会のメンバーとグループを組んで行っていた。

・多様な地域に出ての教育活動の中で,運動会では婦人会と一緒に地域の踊りを踊る機会 をつくってきた。単なる踊りではなく,箸蔵福祉村や地域の文化の継承を目指してきた。 大人は踊る機会がなくなると忘れてしまうが,児童たちは音楽が流れ始めると自然に踊 りを踊り出してくれるなど,定着していることを嬉しく思っている。

・Q 黙食の取組はすばらしい。どのように指導しているのか。

 →A (本校)少人数で食べるようにしたり,前を向いたりして食事している。教員はフェイススシールドをして食事指導している。どうしてもしゃべってしまう児童に対しては,教員が距離をとっている。

 →A (分校)ランチルームを使用していたときは,2つの学年がランチルームで食事を して,残り1つの学年は教室で食事をとっていた。ランチルームでは,衝立をしたり壁に向いて食べるようにしたりしていた。現在は,全学年が,各教室で食べている。

 

【障がい児入所施設施設長】

・SDG'sに関する取組は,長年学校の教育活動の中に位置付けられており,学校の教育活動の根底にある児童生徒の意識付けをしてくれている。一時的な取組であっても継続し ていることが大切である。

・体験から学び,就職につなげる教育活動を行ってほしい。

・地域に認めてもらうために,箸蔵福祉村のある地域での活動を通して,関係づくりを積極的にお願いしたい。特に地域交流拠点施設とことんを通じた広報・啓発活動など様々 な取組を今後も継続してほしい。

 

【PTA会長】

・高等部3年で生徒たちの就労先が決定される。地域との交流やコミュニケーションはと ても大切であると考える。分校のみまカフェやみまカフェ・ファームなどで子供たちが 凜とした頑張っている姿を見ることができて嬉しい。ファームで育てた農作物を自宅に 持ち帰った際は,美味しくいただいている。今後とも,このような地域の活動をしてい ってもらいたい。

・学校の就労支援に関して,保護者としては高等部3年となると,就労先であるA型,B 型等,卒業生のデータを示してほしい。保護者にとっては大変関心の高い情報である。

 

【PTA会長】

・今年度小学部を卒業し,4月に中学部に進学する。中学部や高等部の授業をオンライン視聴させてもらいありがたかった。児童生徒の力を今後も伸ばしていってもらいたい。

・居住地校交流ではDVDを届けてくれたり,大型量販店での作品展開催では店員から温かい言葉をかけてもらえたりと大変ありがたかった。

 

【大学院准教授】

・本校の小学部と高等部では,事前と事後にアンケートをとっている。妥当性が高い。

・教員研修等の評価において、ルーブリック評価を参考に事前・事後に個々の教員が複数の視点に基づいた事前・事後評価を実施して、具体的に成果や課題を分析できるようにすることを今後参考にしてほしい。

 

【会長】

・自尊感情や自己肯定感を育てることについて,教員が児童生徒との関わりを通じて褒め てよい部分を伸ばして育てていってほしい。

・昨年8月,特別支援学校の生徒への表彰式に参加した際,堂々とした態度で表彰を受けていた姿を見て感銘を受けた。

 

【学校長】

・オンラインによる授業参観を通じて,直接参観とは違ってピンポイントで観察するメリ ットがあり,委員の皆様にも日頃の教育活動の一端を御覧いただいた。

・本日は,委員の皆様からたくさんの御意見をいただいた。特に,自己肯定感を育て,自 尊感情を育むための環境設定に関するヒントをたくさんいただけた。 ・学部間の学びのつながり,スキルを身に付ける指導を重ねることを通じて,地域に出るための手立てを工夫することやたくさんの要望や御提言をいただくことができた。 

・本日いただいた御提言は令和4年度にも反映し,今後も取組を継続させる。

 

学校 第3回学校運営協議会

2月22日(火)13:30~15:30,第3回学校運営協議会を開催します。

新型コロナウィルス感染症の影響急拡大を考慮し,感染症対策をとりオンラインでの参加も調整しての開催です。

令和3年度の本校・美馬分校両校のグランドデザインに基づいた教育活動の評価(学校評価)や地域をフィールドとした教育活動に関する成果や課題について協議します。

鉛筆 第2回学校運営協議会の記録

 

 11月11日(木)に予定通り,第2回協議会を開催しました。欠席された委員の方もいらっしゃいましたが,美馬分校に一同に集まっての開催がようやく実現しました。

 

 協議の前に,美馬分校の授業参観や両校の取組の途中経過を行いました。その後の協議では,委員の皆様から大変有り難い御提言を数多くいただくことができました。

 協議は,次の2つの柱に基づいて進めました。

柱1:地域に受け入れられるためのアイディアやヒント
柱2:福祉施設・事業所等とのスムーズな連携に向けて

 記録は次の通りです。


〇 老人福祉施設施設長
・造花の作業では,細かな作業で継続することが大切で,数の把握のためのマグネットの使用は施設でも取り入れたい。
・柱1に対しては,受入のイメージをどうもつかが重要となる。高齢者施設としても地域に認知してもらいたい。そのためには,相互に知ること,情報の発信を行い,受け手の地域住民とのキャッチボールを増やすことと考える。これにより,関わりの広さや深さを導き出す。途中経過報告にあったような動画やスライドなどの視覚的なイメージを広報し発信する。
・柱2に対しては,地域では人が少なくなっている。そのため助け合いも減っている。地域を保つため,個人の強みや得意なことを発掘することが重要と考える。
・事業所を継続するためには,人をやりくりし,それぞれの強みを活かした連携が重要となるため,積極的に就業体験を受け入れている。
・お互いの強みを生かしながら,働き方や役割分担の意識を変え,時間の有効活用など,そうしたパズルをいかに上手く収まるようにするのかが重要である。

〇 大学教員
・支援学校みまカフェでは本格的な授業運営をしており,それが地域を元気にしていることが素晴らしい。
・Q: 月や日のカフェの目標,達成に向けた取組など,生徒が自ら協議することはあるのか?
 →A: 利用客数等の具体的な数値は天候等の事情で不安定なので導入していないが,生徒一人一人が作業目標を設定し,自己評価を行っている。その上で,過大・過小評価もあるため,教員による他者評価を合わせて行っている。教員は生徒自身が自己を肯定的に認められるようにすることに配慮している(教育活動全体)。
・生徒が自分自身の成長の目標を立てて,評価し振り返ることがとてもよい。一方で改善すべきことを見付けて改善するところを複数の支援者が共通の目的を決めて取り組もうとするように可能であれば取り組んでもらいたい。こうしたPDCAサイクルによりより生徒の力を育てることになるであろう。
・Q :生徒に付けたい力が明確であり,就業体験を通じて,事業所の人とどのような
力を付けるかと言うことをどれだけ理解・共有してもらっているか?
 →老人福祉施設施設長:就業体験に必要な力として,「人の温かさ」,「交流する力」が大切である。採用基準として,「挨拶」,「人の心情を理解する」,「気持ちを伝えられる」,「協力する」などがある。特に,「協力する」ことは難しい。上手に伝えることや意思表示ができることで,相互にキャッチボールとなり相互理解になることが大切。そのためには体験と継続が重要であるため,結果が出やすいことから始めてみる。学校や家庭でそうした課題解決に取り組むということが重要であろう。美馬分校の生徒は,挨拶ができ,素直で気持ちを伝えることができる。家庭や学校でこうした力を身に付けさせてくれている。働きにくさを感じることは誰にでもあることであり,強みを活かせられるようにすることが重要である。


〇 地域の婦人会会長
・美馬分校の学校環境は大変素晴らしい。
・普通の清掃と違い,就労を見据えてやっている点が勉強になった。
・学校-家庭-生徒の三者の関係・連携が成立していることをベースにすることが大事。
・特に,みまカフェのホテルマンのような衣装を揃えて取り組んでいる姿が素晴らしい。徳島新聞によく記事が掲載されており,拝見した。
・普段から取り組んでいることが発揮されていた。
・池田支援学校本校の生徒が作成した防災マップが公民館に掲示されている。婦会の活動は学校と違って特定の集合場所を持たないため,公民館を利用している。プランターに植えた花などの提供もある。こうした地域住民が出入りする場所へのアプローチが大切となる。
・「箸蔵とことん」での作品展では色々な生徒の活動が目に見える。箸蔵寺でのお接待など,地域の取組に参加して欲しい。


〇 障がい児入所施設施設長
・柱1 池田博愛会は日本有数の福祉の伝統がある地域。平成2年に箸蔵福祉村を創設しており,当時の先達の先見性に改めて敬意をもつ。地域の核となる存在があれば受入もスムーズになるであろう。福祉村は組織がしっかり
しており,受入も変わってくると考える。
・柱2 就労について,ソーシャルスキルが重要である。公共サービスの利用,社会に求められるスキルを身に付けること,今後,マイナンバーカードなどの時代に応じたスキルの獲得やICTの発展による操作活用の理解により困
難さの改善を目指す必要がある。特に,博愛会では記録用のiPadにより職員が情報をシェアし,余分な文書作成の負担を軽減している。


〇 PTA会長
・子どもが小さい頃から地域の交流会や地域の学校の行事に参加してきた。保育園は地域の保育園に通わせていたが,本校入学後は,居住地校交流をしてくれたおかげで,現在でも地域の友だちとの交流が続いている。大変ありがたいと思っている。
・柱2 長期休業中のデイサービスの利用をしており,デイの職員も学校行事を参観し,逆に教員も長期休業中にデイの参観を相互に行ってくれている。大変ありがたい。こうした学校とサービスとの協力・連携をより強めるために,
保護者も仲介することで情報を共有できればと考える。


〇 学校長
・仕事には直接的な業務・間接的な業務がある。とくしま特別支援学校技能検定があるが,卒業後すぐに接客業や清掃業に就くということが目標なのではなく,”将来どこで働いても活かせる力・役に立つ力をつけるために指導することが大切”という示唆を与えていただいた。
・生徒が付けるべき力を関係者が共有するという御意見があったが,地域貢献活動の場合も,身に付けさせたい力を意識して情報共有することを大事にしたい。
・公共サービスの利用や消費者教育の導入,ICT活用なども学校教育の中で充実を図っていきたい。
・小学校段階からの交流及び共同学習への意見,大変ありがたい。地域との交流をより進めていきたい。
・箸蔵福祉村における交流,事業所との交流はとても重要であり,学校から発信することも進めていきたい。さらに,学校も一つの地域の機関として,地域住民の方に「来てもらう」,「見てもらう」役割もあると考える。

 

 

 

 

学校 11月11日(木)に第2回学校運営協議会を開催します。

 

 本来であれば,9月30日に予定しておりました第2回学校運営協議会を11月11日(木)10:30より,池田支援学校美馬分校で開催します。

 

 ようやく,コロナの影響も弱まり,集合しての開催ができます。「支援学校美馬カフェ」を始め,校内の学習活動の様子を参観いただき,協議を行います。

キラキラ 第1回 学校運営協議会の記録

 6月1日(火)に開催しました。

 新型コロナウィルス感染症の影響を考慮して,本校委員,分校委員の皆様には,それぞれの学校にお越しいただき,テレビ会議システムを通じて,協議を行っていただきました。

 委員の皆様からの感想・御提言は次の通りです。

〇 老人福祉施設施設長
・本校・分校ともにいろいろな取組をされていて素晴らしい。
・グランドデザインから具体的な取組につなげられており,組織としてのイメージができる。
・高齢者施設であるため,現在のコロナ禍の中では交流しづらいが,異年齢との交流ができるのは大変うれしい。特に,美馬分校との交流は続けてきているが,高齢者施設としては,利用者が生徒の来訪を大変喜ぶため,今後とも様々なやりとりや関わりを進めていきたい。

 

〇 道の駅 駅長
・それぞれ分かりやすい説明であったが,やや盛り沢山の印象も受けた。
・高等部段階で地域の一員として活躍することは大切であり,地域のことを分かる体制を作ることが大切だと考える。地域のことが分からないことで不安も高まる。生徒たちの世代に分かりやすい地域のことを伝える・学習する機会を持ってほしい。 

 

〇 NPO法人代表

・学校の取組の説明の中で,「地域」というワードが多く出た。
・何よりも人間関係を築くことで安心し,「地域」に溶け込んでいけるのではないかと思う。NPO法人の活動を通じて,本校の生徒とは,藍染め体験やそばの脱穀等の活動でふれあうことができた。いずれの場面でも生徒たちが作業を楽しそうにしていることが印象深い。法人としてこうした関わり合いを継続させたい。
・NPO法人とのこうした体験活動を一緒にすることを通じて,人間関係の交流を深め,「地域」に対しての安心感を高めてほしい。

 

〇 大学教員

・グランドデザインは大変素晴らしい出来映えで,内容がよく分かる。どういった力をどういった方法で育てたいかがはっきりしている。
・学校評価に対しても,令和2年度の指摘を踏まえて,実施前後の具体的な評価を入れてくれている。小学部では学習評価について,高等部は自尊感情について具体的に設定されていてよい。中学部も共同してやる力について評価を考えて他学部と足並みをそろえてほしい。自尊感情を高めることについては,同一尺度で事前・事後の評価を行うことでよい。
・美馬分校については,評価指標が教員を対象としたものとなっており,生徒がどのように変化したかの前後の評価をして成果を具体的に把握することができるようにしてほしい。

 

〇 障がい児入所施設 施設長

・障がい児入所施設として,支援学校とは連携を行い,丁寧な対応をしてもらっている。
・現在池田学園生が28名本校に通学し,お世話になっており,新型コロナ感染症対応で,協力いただいている。
・何より,卒業生の多くがこの地域で暮らしている。
・今後ともよろしくお願いしたい。

 

〇 PTA会長

・子供たちのために,地域に積極的に出るためにいろいろと考えてくださってありがたい。

・グランドデザインはわかりやすくまとまっている。
・PTAも共通理解を持って,教育活動に参加・協力していきたい。

 

〇 副会長(学校長)

・委員の皆様から前向きな言葉をたくさんいただけてうれしい。
・学校の中で活動が行われ完結してしまうのではなく,生徒自身が地域に飛び出して感謝の言葉をかけていただくことで自尊感情が高まることにつなげていけるのではないかと考える。

 

〇 会長(市青少年育成センター所長)

・本校・分校とも,地域と協力して教育活動をしていくことが示された。
・これから実践していくこととなる。
・第2回めの報告を楽しみにしている。

 

 

 

 学校評価
学校評議会

学校評議会関連情報